車両修理

エンジン修理:1万円〜

エンジントラブルでありがちな症状が、エンジンがかからないというもの。

大抵はバッテリーを交換すれば直るため、修理代はバッテリー交換の1万円程度で済みます。

しかしオイルが漏れてしまったり駆動ベルトが切れてしまうなどの故障であれば、修理代は5〜10万円はかかってしまうでしょう。

そして最も修理代がかかるエンジントラブルはエンジンブローという再起不能な状態。

最悪の場合はエンジン自体を交換することになり、その際にかかる修理代は最大で100万円程度になってしまうでしょう。

エアコン修理:1万円〜

エアコンの故障で多いのが、クーラーが冷えないというもの。

このケースはエアコンのガスを補充すれば直るため、修理代は1万円程度で済みます。

しかしエアコンのパイプやガスを圧縮するコンプレッサーが故障した場合、部品をまるごと交換することになるので修理代は3〜5万円ほどかかります。

エアコン本体が故障した場合は全交換になるため、修理代は20万円ほどかかるでしょう。

マフラー修理:1万円〜

マフラーの故障で多いのが、音がうるさくなったというもの。

マフラーに穴が開いていると音が大きくなり、車検を通すことができなくなります。

穴が小さくカンタンな溶接で直る場合は修理代は1万円程度で済みます。

しかしマフラーが腐って穴がいくつも開いてしまっているような場合は、全交換となり3万円以上の修理代がかかります。

交換よりオトク!ディーゼルマフラー洗浄

ディーゼルエンジンにはDPFマフラーが装着されています。メーカーによって、DPFマフラー・DPDマフラー・DPRマフラーと呼称は異なります。

その種類は多岐に渡り、車種が同じでも年式や型式が違えば全くの別物になります。マフラーを一式交換となると、小型車で30万、中型車で60万円、大型車で100万円ほどのコストが掛かります。

走行条件にもよりますが、10万~20万kmあたりで詰まりが酷くなりランプが頻繁に点灯・点滅し始めます。ランプが点滅し始めると、自動再生では対処しきれず、手動再生・強制再生が必要になります。

しかし、自動再生・手動再生・強制再生をしても気休めにしかなりません。マフラーは一度詰まり始めると再生ランプ点滅の周期が短くなっていきます。

それは何故か?

答えは簡単です。「再生では焼けない物が詰まっているから」です。再生で焼けない物とは、「アッシュ」と呼ばれるもの。エンドユーザーが3種類の再生方法で燃やしているのは、カーボン(煤)であり、アッシュではありません。どんな再生方法で燃焼させようが、「アッシュ」は一切燃焼出来ません。

洗浄で取り除くか。マフラー交換か。 の2択しか現状では無いかと思います。エンジンオイルには「硫酸灰分」という物質があり、これが燃焼室に入り燃焼する事でアッシュを生成します。エンジンオイルを使用しなければアッシュは生成されません。

しかし、ディーゼルエンジンにエンジンオイルは必要不可欠である事から、アッシュがマフラー内に蓄積する事は不可避だという事になります。

10万~20万kmには一度は、マフラーのメンテナンスを強くおすすめします。

バンパー修理:2万円〜

バンパーはぶつけてしまったり擦ってしまった場合に修理が必要になります。

小さな凹みであれば1万円程度で直りますが、大きく凹んでいる場合は2〜5万円の修理代が必要です。

修理不能なほど大きく壊れている場合は全交換になるので、10万円近くの修理代はかかるでしょう。

ボディ修理:1万円〜

ボディもバンパー同様、凹んだりキズが付いた時修理が必要となります。

小さなキズや凹みであれば1万円程度で直りますが、大きく凹んでいる場合は5万円以上の板金修理代がかかります。

ドアを丸ごと交換するなどの場合は、10万円以上の修理代は覚悟しましょう。

フレーム修理:10万円~

車をぶつけてしまった場合、車の骨格とも言えるフレームが損傷している可能性があります。

そうなると走行に支障が出るため、フレームの歪みを修正する必要があります。

フレーム修理は最低でも10万円以上かかり、大きな修理になると100万円以上かかるケースも珍しくありません。

Posted by DSBUN